住宅ローンの審査が甘い銀行の借り入れは本当に早い?

家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
ローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
というものではありません。
不可。
という場合もあり得ます。
一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低ラインと言われています。
今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方は融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。
全体の約10%が手数料としてかかるようです。
謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。
そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるかこれをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。
具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、それ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。
住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

住宅ローンの審査は甘い?おすすめ銀行一覧【審査に通らない方へ】