光回線エリアカバー率とは

【国内の光回線エリアカバー率は95%を超えている】皆さんはいま光回線が国内でどのくらいのエリアをカバーしているかご存知でしょうか。
驚くなかれ平成2012年末の時点で、すでに95%もカバーしているのです。
と言うことは日本の主要都市どころか人口の少ない地方でもほとんど光回線の利用は可能になっていると考えて良いのです。
ここまで急速に光回線の普及が進んだのは技術が進んだことにより、費用が大幅にコストダウンできたことだけでなく、公設民営方式によって自治体との協力ができたからです。
したがっていまだにカバーできていない一部の離島や山間部などのエリアでも、光回線が利用できるのは時間の問題とされており、日本国内どこでも光回線100%可能になる日は近いのではないでしょうか。