ADSLから光へププロバイダ変更

ADSLから光にしたい、ついでに契約しているプロバイダも変更してしまいたい、という場合には違約金が発生しないか確認をしてから乗り換えると良いでしょう。
新規契約をするとお得なことがいっぱいです。
ただ、今までプロバイダに付与してもらったメールアドレスを使っていたという場合は完全に解約をしてしまうと使うことができなくなり、メールフォルダなど全て削除されてしまいますので、重要なアドレスとして利用している場合は、解約をせず、ダイアルアップ接続などの安いプランに変更して、メールアドレス用として元のプロバイダと契約を続ければ良いでしょう。
同時にふたつのプロバイダと契約してはいけないという決まりはありませんし、ダイアルアップ接続などは殆どメールアドレス保持のために使われています。